審美歯科・ホワイトニング

  • ホーム
  • 審美歯科・ホワイトニング

美しく、機能的な口元に

審美歯科で見た目のお悩みを解消しましょう

審美歯科では、銀歯やすきっ歯、前歯の欠けなどといった口元の見た目のお悩みを解消する治療を行っています。自然な歯の色や透明感を出せるセラミック素材を用いることで、自然な色合いに回復します。

また近年では、銀歯などの歯科金属が金属アレルギーの原因になることもわかってきました。セラミックを用いる審美歯科治療は、身体への安全面においても有効な治療になるのです。

当院では見た目だけでなく機能も重視しています

当院の審美歯科では、お口全体のバランスを考えながら口元の見た目を美しくする治療を行っています。

多くの方が、とにかく「見た目をよくしたい」という想いで審美歯科に来られますが、いくらよいものを入れても噛み合わせが乱れていたり、お口全体のバランスが崩れていれば、長く機能させることはできません。

当院では見た目だけでなく機能も重視しています

当院ではまず機能が正しく働いたうえでの審美であると考えており、ほかの歯とのバランスや咬みグセ、咬む力の強さなどを仮歯で評価しながら、きちんと合うものをお作りしています。

精度の高い治療を行っています

当院では制度の高い審美歯科治療を行うために、次のことにこだわっています。

マイクロスコープの使用

マイクロスコープの使用

審美歯科治療には、患部を約20倍にまで拡大できるマイクロスコープを使用しています。審美歯科治療では、いかになめらかで自然な歯にできるかがとても重要です。ミクロン単位までこだわった精密な治療で、美しい歯をつくります。

印象の採り方へのこだわり

印象の採り方へのこだわり

審美歯科治療では、詰め物・被せ物を製作するための印象(型採り)をいかに精密に行えるかが重要になります。正しく型を採るためにシリコン系の材料を採用するのはもちろん、特殊な印象技術の習得にも励んでいます。

歯科技工所との連携

歯科技工所との連携

当院では提携歯科技工士との連携を密にとりながら、審美歯科治療を行います。細やかな調節を行うことで、患者さんのご要望に適した審美性と機能性を備えた詰め物・被せ物が完成します。

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

白い歯が他人に与える印象は、とても大きいもの。清潔感やさわやかさ、さらには誠実さまでイメージさせることもあります。ホワイトニングは身体に安全な薬剤を使って歯を白くする処置です。
当院では「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」に対応していますので、お気軽にご相談ください。

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
歯科医院で行うホワイトニングで、効果の発現は早いが、後戻りも早いという特徴があります。 ご自宅で行うホワイトニングで、効果の発現に時間はかかるが、白さを維持するという特徴があります。

当院では、この2つを同時に行い、それぞれの長所を最大限に引き出せる「デュアルホワイトニング」も行っております。

ホワイトニングの流れ
オフィスホワイトニングの手順

一部の方はホワイトニング後に知覚過敏の症状がでることがあります。
その症状を抑制・緩和するため、当院ではホワイトニング開始前に知覚過敏抑制剤を使用します。

step1

step1
まずは知覚過敏抑制剤のジェルが塗布されたトレーを20分間装着していただきます。

step2
トレーを外し歯を綺麗にクリーニングします。

step3

step3
歯ぐきを保護するための土手をつくります。

step4

step4
ホワイトニングジェルを塗布します。

step5
ホワイトニングジェルを除去し、仕上げのクリーニングを行います。
これでオフィスホワイトニングは完了です。

オフィスホワイトニングの手順

当院では、北米中心に使われているオパールエッセンスのホワイトニングジェルを使用します。このジェルは、粘度が高いため停滞性がよく液垂れしにくいのが特徴です。

step1

step1
上下の型をとり、オーダーメードのトレーを作ります。

step1

step2
自宅で歯磨きをした後にトレーにジェルを米粒程度に塗布します。

step3
トレーを歯につけて2〜3時間おきます。

step4
トレーを外して歯磨きをします。
トレーは歯ブラシ、水で綺麗に洗浄し、水分をよく拭き取って清潔に保管しで下さい。 
ホームホワイトニングは、このStep1〜4の流れを2週間行います。

ホワイトニングの治療例

Case1

case1

Case2

case2

※色の変化には個人差があります。
また、知覚過敏などの副作用もございますので、詳しくは当院スタッフまでご相談ください。

エアフロー

水と細かいパウダーを吹き付けて、歯面についた着色やバイオフィルム(歯垢)を取り除く器具です。
歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間などの細かい所の汚れにもパウダーが行き届き、きれいに仕上がります。
また、歯へのダメージも少なく、施術後は歯面がつるつるになり、着色の再付着も防ぐことができます。

エアフロー